1/6
なんと、今日で2月終わりですよ。

2016年も1/6が終わったことに。。

信じられません。。。今年は特に時間の流れが速いです。。。

流れの速さに呑込まれないように、明日からもいきましょう・・・。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

3月2日、9日、16日、23日、30日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:55 | - | - | ↑TOP -
「色々な人がいる」という直感を養う。
※このブログはLink-Rの公式ブログですが、
今日の記事は代表であるやなぎー個人の意見であり、
Link-Rの公式な見解とは
必ずしも100%の一致をしていないことを
ご了解のうえ、お読みください。※



Yahoo!ニュースにこんな記事が出てました。

LGBTどう教える? 学校にはびこる偏見「見過ごさないで」
(2016年2月28日(日) 17時41分掲載)

「LGBTの話って、何歳の時にどんな話をしたらいいんでしょう?」
という質問を時々もらいます。

人それぞれ考えがあると思いますが、私はこう答えています。

第二次性徴が始まって心にも身体にも変化が出てくる10歳くらいのときに、「この世界には色々な人がいる」という直感を養える話ができればいいのでは?難しい話はこの時は一切不要。

「色々な人がいる」という直感ってきっとすごく大事で、
将来誰かの何かの話を聴いた時に
「難しいことは分からないけど、そういうことってあるんだろうな」
と思えて、否定したり加害したりしないことにつながると思います。
それは、理解することと同じくらい大事な態度だと思うんです。

それに、「色々な人がいる」という直感は、
LGBTのことだけじゃなくて、人の多様性というものを
それぞれに認め合う
ことにもつながっていくとも思います。

難しい知識を順を追ってちゃんと説明することや
そのことに理解と受容を求めることが
必ずしも良い結果を生むとは限らないです。
(もちろん、理解や受容がある方がいいのは間違いないけれど)

そういう意味では
「色々な人がいる」
「そういうことってあるよね」という
否定しない感覚はすごく大事だと私は思います。

また「何があっても加害はダメ」ということ、
嫌いな気持ちは仕方ないかもしれないが、
それが加害が許される理由にはならないこと、
を伝えられるといいのかなと思います。

多様性を尊重するって凄くいい言葉ですが、
そんなに簡単なことではないということを感じます。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

3月2日、9日、16日、23日、30日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:46 | - | - | ↑TOP -
撮影は話のあとで。
研究者や支援者(活動家)を志す大学生〜20代くらいの人が、
ベテラン(権威)の人たちの話は聴かないで、
ツーショット写真だけ撮りに来る、という話を
ここ数年、全然別の世界にいる複数の人から聞いてます。

それで、そのツーショット写真がSNSに上がって
「○○ちゃん、そんな凄い人と会えるなんて凄いねー!!」
みたいになっているそうです。

年寄りの話なんて面白くないのも分かるし、
SNS上げることがブランディングに重要ということも分かるけれど、
何のためのブランディングなんだっけ?
ベテランの人たちや権威あるとされる人たちの話を
とりあえず聴いてみるというのも大事なことだと思うんです。。

本当に優れた人は、どんな相手のどんな話からも
1つくらい自分にプラスになる学びを得られる人だと思います。

また、長らく続けている私の率直な想いを言ってしまえば、
SNS上げていいね!もらって、何人救われるんだっけ?
今日も寒さに震えてる子が暖かい場所で
ご飯食べられるようになるんだっけ?

いいね!が欲しいだけならもっと他のことやった方がいいし、
困っている人を本当に助けたいなら、写真をUPすることの先に
本当に大事にしなければいけないことがあるのでは?

ツーショット撮ってSNS上げることは大事なことだと思います。
ただ、それを上げることだけに終始して、
自分の肥やしになりそうな話を聴かないというのはもったいないなと。

ツーショット撮って写真をUPするときは、
またとないチャンスなので存分に話を聴かせてもらってから
撮影するのはどうだろうか?

その方が自分の引き出しも増えるし、
相手も自分も打ち解けた良い笑顔で写真に写れると思うんだ。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

3月2日、9日、16日、23日、30日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:54 | - | - | ↑TOP -
高校時代のこと。
まー別に、やなぎーの高校時代の話なんてどうでもいいんですが。

高校時代くらいに自分の中で流行ったモノとか好きだったものが
今はYOUTUBEとかで観られるんですね。

というわけで、数ある好きだった歌の中から今日は1曲貼っておきます。

KAB. 浅草の天使(2000年)


ついでにもう1つ。
NHKの全国高校放送コンテストの創作ドラマ部門で優勝した作品。
やなぎーと同世代(多分ちょっとだけ先輩)の当時の高校生が作りました。
これを初めてNHKで観た時、凄い衝撃を受けた覚えがあります。

ストーリーの組み立てはもちろん、
今ほど手軽に動画が作れなかった当時の状況を考えると
かなり色々な工夫を凝らして作られた力作です。

熱血超人カイザーマン(1999年)


懐かしいモノシリーズ、またそのうち紹介しますね。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

3月2日、9日、16日、23日、30日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:09 | - | - | ↑TOP -
見えない事情を想像するという優しさ。
例えば
中学生が万引きして捕まったというニュースを聞いたら
どう感じますか?

けしからん、て思いますよね。

じゃあ後から、
よく事情を調べてみたら、
その子は家で親から虐待されててご飯を食べさせてもらえなかった。
もう限界が来て、食べ物を万引きした。
っていう話を追加で聞いたら、どう思いますか?

もちろん、盗んだことは悪いことだけど、
最初のニュースとは印象変わりますよね。

昨日まで被害者だった人が、
本当にちょっとのことで加害者になってしまうことはよくあります。
しかも、生き延びるためにはもうこうするしかないって追い詰められて、
盗んだり人を傷つけたりするようなことが。

そのとき、僕らはそういう理由で罪を犯した人を
一片の疑問もなく悪だと決めつけられるでしょうか?

悪いことに憤ることは大事だけれど、
その背後に何か事情が隠れているかもしれないということを
いつも想像することが大事だし、
そういう想像をすることは誰でもできる思いやりの形だし、
それが寛容さや優しい世の中を作っていくのかもしれないと思います。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

2月24日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 22:59 | - | - | ↑TOP -
小さなことが大きなことに。
今日、日曜日ですが朝から出かけました。

駅で電車を待っていたら
途中駅の踏切で人が立ち行ったため
ダイヤが乱れで電車が遅れる、とのこと。

なんと!!

来た電車に乗りましたが
平日の同じくらいの時間帯と
さほど変わらない混み方。
日曜日と思えませんでした。

踏切に立ち行った人はきっと、
何か事情があって急いでいたんだと思います。
それで、遮断機が下りてから立ち入りをして
安全確認でダイヤが乱れたのでしょう。

ちょっとの小さなことが
すごく大きなことの引き金を引くんだなと
思いました。

大きな事件にならないように
小さなことを一つ一つ確実にやっていかなきゃいけない。

大きなことを成し遂げるために
小さいことをコツコツ積み重ねなきゃいけない。


そんなことを感じました。

多少の遅刻はしましたが
おかげで(?)勉強になりました。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

2月24日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:28 | - | - | ↑TOP -
騒ぎを起こすのも仕事のうち。
今日は、社会問題を解決する系の団体に勤めているお友達と
ランチをご一緒しました。

その際、「社会問題関係の仕事をしている人の仕事のひとつは、
騒ぎ起こすことだと思うんですよ」と言いました。

※騒ぎ起こす:
社会が認知していない課題や問題について
「これ大変なことなんだぞー!」と騒ぎ立てて、
世の中の人々に「そりゃ大変だ!!」ってなってもらうこと。

友人、「名言出た!」と言って爆笑(笑)。

すかさずそのあとに言われました。

「けど、やなぎーさんは、騒ぎ起こすタイプじゃないですよね」

なにっ! (゚ω゚ノ)ノ

幾人かの起業家の名前を挙げて、
「あーいう、いかにも騒ぎ起こしそうな人たちとタイプ違いますよ」と。

まぢかー。。まぁ確かにそうかも。。

あーもう、仲間に、騒ぎ起こす係の人ほしいわーwww

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

2月24日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:53 | - | - | ↑TOP -
マイナスをゼロに≠ゼロをプラスに。
外国を旅行している時に、
現地の人からちょっとひどい扱いを受けて
なんでそんなことするの?って聞いたら
「だってあなた日本人じゃない」
って言われる。
もしそんな経験をしたら、どう感じますか?

こんなツイッターの投稿が回ってきました。
https://twitter.com/ishikawataiga/status/699759560030973952

このツイートを読んでうーん。。。と思ったので、
ご発言された議員さんのブログを見てみました。
http://ameblo.jp/rais-yummy/entry-12129524402.html

私は、質問に立った女性議員のことを知らないし
現場にいたわけでもないので、
本当にそういう発言があったのかも分からないし、
前後の文脈からどういう意図があってそういう発言になったのかを
推し量ることもできませんが、
上記2つの引用に書いてあることがすべて事実だとしたら、、
という前提で少しだけ。


まず「同性愛は趣味」というのは事実を誤認した発言ですので、
議会でご発言される方におきましては、
事実をしっかりと踏まえるようにお願いしたいと思っています。

また、このブログにこう書いてあります。

本当に性的マイノリティーの方々が望むことをその都度考えて、法やその他の社会的ルールと合わせ、対処していけば良いだけ

これは、一見、
「困っている人に寄り添って望むことをやってあげます」という
寄り添い型の良いスタンスに思えますが、
マジョリティとマイノリティを固定化する発想です。
(その都度対応する=根本的な変化は無い。
だから、マジョリティーマイノリティの構図は固定化)

固定化。
つまり、マイノリティはずっとマイノリティのままに
されておかれるってことです。
どういうことだと思います?

上の旅行の例に例えれば、
何か酷いことをされてその理由を尋ねたら
「だってあなた日本人じゃない」と言われ続けるってことです。

「日本人だって別にいいじゃん」とか
「外国人である日本人の方が暮らしにくいんだから、
それをカバーするような仕組みを作ってあげようよ」って
話にならないってことです。

海外に比べて日本の方が、性的マイノリティに寛容だ。
被害者面するのは間違っている。

自分は性的マイノリティに対して理解がある
という方の中にも、こう考えておられる方はいらっしゃると思います。

現実には、地方議会の議員さんが「同性愛は異常動物」などと
書いてしまう事例はまだまだあるし、
同性愛カップルは不動産屋さんが嫌がって部屋を紹介しない
事例も少なからずあります。

異性愛者なら受けないような差別的扱いを
同性愛を理由に受けてしまうとか
異性愛者なら何でもなくできることが
同性愛者であるということでできなくなるなら
それは生きにくさの理由に充分なるし
寛容な社会とは言いにくいと思うのです。

そしてそうした現実を政策的に解決するというのは
マイナスをゼロにする発想であって
ゼロをプラスにして特権的に扱うことではないはずで、
バリアフリーや子育て支援などと同様の
困難へのサポートなのではないでしょうか?

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

2月24日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:42 | - | - | ↑TOP -
人生で得をする叱られる力。
水曜ですのでチカシェスタのことを書こうかと思いましたが、
こんな記事が流れてきましたのでこれについて。

デイリー新潮
「先生に注意されたらムカつく」 逆ギレ大学生は何を考えているか

榎本博明氏の『ほめると子どもはダメになる』という著書を引きつつ
書かれた記事です。
正当な注意を受けることにも抵抗があるらしいという学生の人たちに
直接想いや考えを聴いて、それについて紹介してます。

「さっきから話を聴いてて思ったんだけど、自分はこれまでバイト先で叱られるたびに逆ギレしてたけど、親にも先生にも叱られたことがなかったから、叱られることの意味がわからなかったんだと思う」

 注意されるということに慣れていないと、叱られる=攻撃されているといった印象になるのかもしれない。


という下りには色々と考えさせられました。

数年前に、ある専門学校で先生をしている人から聞いた話ですが、
課題を提出してきた学生さんにフィードバックを行おうとしたところ、
「何かを言われると傷ついてショックを受けるから、何も言わないでくれ」
という内容のことを言われたそうです。

なんだか残念だなって思います。
注意されたり意見を言ってもらえたりするのは
実は自分にとってもすごくプラスになること。
それを拒絶したまま行ってしまうと
周りに迷惑かけて「あーこの人嫌だな」って
思われてそのまま放置されるリスクがある。

完璧な人間はいないけれど、
最低限できておいた方がいいことはあると思います。
そういうことを学べないで、
何でも自分でしなきゃいけない年齢(≒大人)になって
周りから「この人嫌だな」って思われるのは
けっこうショックだと思うのです。

かといって「最近の若いやつらは」なんて言う気はまったく無いです。
もうずっと前、1997年ごろに放送されたあるラジオ番組の中で
当時20代のパーソナリティが中学生のことを挙げて
「今の子たちは怒られ慣れてない」という場面がありました。
その当時から既に「若者=怒られ慣れてない」という現象は
あったのかもしれません。

それと、記事の中で
・ほめて育てるのはよくない
・体罰は悪くない
と理解できるような書き方があって気になりました。

体罰は加害行為だからよくないし、
ほめることはとても大事。
ただ、言うべき時に注意ができない、
怒ることと叱ることの区別ができないのが
よろしくないのだと思います。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

2月24日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 22:03 | - | - | ↑TOP -
(新卒話3)お小遣いとお給料
ふとしたきっかけで書き始めた
新卒で働き出したら、という記事。
この記事は第3回目です。
一応、これで最後にする予定。

第1回目の記事はこちら
第2回目の記事はこちら

就活の自己PRなり自分の長所なりで
「真面目」
「時間を守る」
といったことが挙がることがありますが、
社会人になりますと、
真面目であることも
時間を守れることも
社会人としての基礎体力=当然のことで、
それが特段の長所にはならなくなります。

「真面目にやってます。お給料ください」はお小遣いをもらう考え方。
お給料は「真面目にやってこれだけの成果を出しました。お給料ください」
でもらうものです。

ちなみに、
「お給料は我慢料」という考えの会社や上司の方もたくさんいると思います。
たしかに、仕事をする上では我慢することや忍耐が求められる場面も
たくさんあります。
ただ、私は個人的には、
・我慢が先に立つ仕事は自分に向いてないorやりたくないこと
・長続きしないから、長期的に見て自分も会社も不幸
だと思っています。
「これをやりたくてたまらない。それを実現するためにここ我慢しよ」と
「まず我慢。とにかく我慢」は、同じ我慢でも意味も影響もまったく違います。


横道に逸れましたが、
成果を出すことが大事、ということです。
成果とは、言ってしまえば、お金です。
会社にどれだけお金の面での利益をもたらせたか、です。

それを実現できる人になるために、
仕事では「何が起こってほしいか」を考えてください。
「顧客にとって何が起こったらいいか」と
「自分たち(会社&自分)にとって何が起こったらいいか」です。
どちらかに寄り過ぎてもダメ。
2つの中間地点にうまく落とせるように仕事を進めていく。

また、評価はお金です。
年俸制のプロ野球選手は「君には1億円の価値がある」と
見做されるから年俸が1億円になるのです。
人が自分をどう評価しているのかの指標の1つは
自分にいくらの支払いをしてくれるか、だったりもします。
これは会社に勤めていると分かりにくいかもしれませんが、
それでも給与の額にはこの考え方が反映されているはずです。

対顧客でも実は似ていて、
自分が提案したサービスについて
「いやぁ高いね。お断りだ」
「いやぁ高いね。でも、あなたが言うことには間違いないと思うから
これ買うよ」
といったリアクション。
これは自分への評価(信用)に値がついているとも言えるわけでして。
高くても自分から買ってもらえる、というのは凄いことです。

ここにいくために、自分にしかできない「成果」を持って下さい。
どんな企業にも競合他社があるように、
どんな人にも同じような仕事をしている人はいます。
つまり、「自分にしかできない仕事」などないのです。
あなたがやらなくてもその競合さんがやりますよ。

でも、「自分に頼んでくれたら、
他の人にはできないことが3つありますよ」
というような形での成果の出し方はあります。
それが自分ブランドになり、評価になり、信頼になり、
「ぜひこの人にやってもらいたい」という指名になります。


社会に出て働いてお金をいただくのは大変な事です。
自分の中にこだわりや楽しさを見出して、
自分が納得&満足できる+周りの人も満足できる
そんな仕事ができるといいのではないかと思います。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

2月17日、24日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:57 | - | - | ↑TOP -
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
Link-RのWEB媒体
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode