<< 京都の高校の報道に思う。 | main | 思春期保健委員会のこれから。 >>
子どもの権利って大事だよね。という話。
昨日に続き、ネットで観たニュースの話。

FACEBOOKで何人かの知り合いがシェアしてました。

「子どもの権利」拡大認めず 日本会議から広がる運動(朝日新聞)

この記事の内容への言及ではありませんが、
思春期のことをやっている身として、
「子どもの権利」のこともまた気になっています。

日本語で「権利」というと
マイナスな意味で「振りかざすもの」「主張するもの」
というニュアンスが感じられる言葉で、
子どもにそんなもの与えるなんてとんでもない!
という方も多くいらっしゃいます。

けれど、権利って本来はそういうことではなく、
他人から命を奪われない保証とか
個人としての尊厳を踏みにじられない保証とか、
そういうことだと思います。

こういう話に対しては
「人権」という言葉をイメージする人もいると思いますが、
人権も権利です。

子どもに権利があるということは
その子をひとりの個人として尊重し、
人としての尊厳を認識して守ることであり、
その裏側にある責任や主体性を(その子本人が)学んでいくこと
であると思うのです。

つまり、子どもの権利は、
未来ある子どもたちを育てる際に必要なことだと思います。

一方で、権利を認めることと甘えさせることは違うし、
しつけが厳しいことと当たりがきついことも違います。
この辺りの区別ができないと、
変な誤解や変な子育て、変な(子どもを取り巻く)環境づくりを
やってしまいがちになります。

子どものこともひとりの人として認めること。
そのうえで、大人が自立に向けてサポートすること。
そのことをもう一度子どもの権利のことを踏まえて
考えてみてほしいと思います。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

6月22日、29日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
(※6/29のみ17:30閉店)

予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

6月20日
思春期保健委員会ミーティング
弊会が活動をサポートしている学生団体の活動です。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ○世間のニュースの紹介 | 19:57 | - | - | ↑TOP -
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
Link-RのWEB媒体
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode