<< 高校時代のこと。 | main | ねらいが響き合うことで満足度も上がる。 >>
撮影は話のあとで。
研究者や支援者(活動家)を志す大学生〜20代くらいの人が、
ベテラン(権威)の人たちの話は聴かないで、
ツーショット写真だけ撮りに来る、という話を
ここ数年、全然別の世界にいる複数の人から聞いてます。

それで、そのツーショット写真がSNSに上がって
「○○ちゃん、そんな凄い人と会えるなんて凄いねー!!」
みたいになっているそうです。

年寄りの話なんて面白くないのも分かるし、
SNS上げることがブランディングに重要ということも分かるけれど、
何のためのブランディングなんだっけ?
ベテランの人たちや権威あるとされる人たちの話を
とりあえず聴いてみるというのも大事なことだと思うんです。。

本当に優れた人は、どんな相手のどんな話からも
1つくらい自分にプラスになる学びを得られる人だと思います。

また、長らく続けている私の率直な想いを言ってしまえば、
SNS上げていいね!もらって、何人救われるんだっけ?
今日も寒さに震えてる子が暖かい場所で
ご飯食べられるようになるんだっけ?

いいね!が欲しいだけならもっと他のことやった方がいいし、
困っている人を本当に助けたいなら、写真をUPすることの先に
本当に大事にしなければいけないことがあるのでは?

ツーショット撮ってSNS上げることは大事なことだと思います。
ただ、それを上げることだけに終始して、
自分の肥やしになりそうな話を聴かないというのはもったいないなと。

ツーショット撮って写真をUPするときは、
またとないチャンスなので存分に話を聴かせてもらってから
撮影するのはどうだろうか?

その方が自分の引き出しも増えるし、
相手も自分も打ち解けた良い笑顔で写真に写れると思うんだ。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

3月2日、9日、16日、23日、30日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ◇コラム | 23:54 | - | - | ↑TOP -
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
Link-RのWEB媒体
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode