<< 見えない事情を想像するという優しさ。 | main | 高校時代のこと。 >>
漢方薬のすごい話。
漢方薬っていうと、
「苦そう」「おいしくなさそう」などのイメージがあると思います。

漢方はとても不思議なもので、
同じ薬なのに、AさんとBさんで感じる味が違います。
(身体が必要としていないものを飲むとまずく、
身体が必要としているものを飲むとおいしく感じます)

また、同じ人が同じ薬を飲み続けていても、
その薬が必要なくなると、急にまずく感じます。

実は漢方薬って、漢方医という専門領域があるんです。
ちゃんと診られる医者(漢方医)が
舌のコケの具合を診たり、
脈を測ってその具合を診たり、
お腹を触って具合を診たりして、
その上で今何の薬が必要かを判断して処方します。
その時々に必要なものを判断するカスタマイズが大事になります。

効果が出るのに時間がかかることもありますが、
効きが穏やかなので、体質の改善とかに向いていたりします。
やなぎーも昔、漢方の力で末端冷え症などの体質が改善しました。

「漢方医」「漢方外来」などで検索すると
お近くの病院が出てくるかもしれません。
興味ある人は漢方医さんのところで相談して診てもらって
漢方薬を出してもらってもいいかもしれません。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

3月2日、9日、16日、23日、30日
まちの保健室チカシェスタ
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

3月7日、22日
思春期保健委員会MTG
弊会が活動をサポートしている学生団体の定期ミーティングです。
見学者歓迎!

興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ○知識モノ記事 | 22:57 | - | - | ↑TOP -
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
Link-RのWEB媒体
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode