<< 世界エイズデーに寄せて。 | main | Challenge AIDS 2010のアフターにちょっと参加。 >>
今日は世界エイズデーです。
本日12月1日、世界エイズデーです。
エイズについては本当にたくさんの情報があります。
この記事では、「最低限知っておいて欲しい入門編」だけをまとめました。


■世界エイズデーとは?

毎年12月1日は「世界エイズデー」です。

世界エイズーは、
・世界規模でのエイズ蔓延の防止
・エイズ患者やHIV感染者に対する差別/偏見の解消
を目的に、1988年にWHO(世界保健機関)が制定しました。


■HIVとは?AIDSとは?

HIV(エイチ・アイ・ブイ)とは、
AIDS(エイズ)の原因になる
ウィルスの名前です。

AIDS(エイズ)とは病気の名前です。


■エイズはどんな病気?

その説明をするためには、
「免疫(めんえき)」というものが大きく関わってきます。

例えばみなさんが転んで身体のどこかを擦りむいたとします。
地面で擦りむいたとしたら、当然その地面の表面にいるばい菌などが
身体の中に入ってきて悪さをしようとします。
ばい菌の好きなように悪さをされたら、人間は具合が悪くなります。

このときに、そのばい菌をやっつけて悪さしないようにしてくれる
「身体の健康ガードマン」が「免疫」です。

もしこのガードマンである「免疫」が、
まったく仕事をしなくなったとしたら、どうなるでしょう?
ばい菌は悪さをし放題で、人間はとても元気に生きられません。

エイズは、
人間の身体をこのような「免疫が利かない状態」にしてしまう病気です。


■エイズの発症まで

HIVというウィルスが身体の中に入ってきてから数年間は
HIVは人間の身体の中に潜みます。
この期間を「潜伏期間」と言います。
(以前はこの期間は平均10年くらいと言われていましたが、
最近はもっと短くなっているとも言われています)

この潜伏期間にあたる人、
つまり、「HIVには感染しているがAIDSは発症していない人」を
「HIVキャリア」「HIV陽性者」と言ったりします。

そして潜伏期間が終わるとAIDSを発症し、上に書いたような、
「身体の中に免疫が利かない状態」というのになってしまいます。


■HIV/AIDSの大事なこと

・HIVに感染してしまうと、
感染していない状態に戻すことはできません。

・AIDSを発症する前に治療を開始すれば、薬を飲んだりして、
平均寿命程度の長さは生きられるようになったといいます。

・AIDSは、
Hをしまくっている人やゲイの人だけの特殊な病気ではありません。
たった一度のHでもHIVに感染してしまう可能性があります。
コンドームを使うなどして、感染しないようにすることが大切です。


■感染ルート

感染ルートと言われているのは
・母子感染
・血液感染
・セックス感染
です。

母子感染は、HIVに感染しているお母さんが出産するときの出血等で
赤ちゃんに感染してしまうというものです。

血液感染は、
HIVに感染した血液を直接体内に取り込むことで起こります。
HIV感染者に刺した注射針の使い回しとか、
そういったことがこれに当たります。

セックス感染は、日本では一番多い感染ルートと言われます。
HIVウィルスは、「男性の精液」「女性の膣液」など、
セックスのときに直接触れる恐れのある体液に
多く含まれていると言われています。
コンドームをつけて直接触れないようにすることは、
1つの大切な予防方法です。

また、HIVは空気に対してとても弱いです。
少し極端に言えば、空気中に出た瞬間に死滅してしまいます。
なので、HIV感染者の人と同じ鍋をつついても、キスをしても、
HIVに感染する心配はまずないと言われています。


■感染は検査でしか分からない!

自分がHIVに感染しているかどうかは、検査をしないと分かりません。
検査は、全国の保健所で無料&匿名で受けられますし、
病院でやってもらえる場合もあります。

恋人が変わったタイミングなどで検査を受けることをオススメします。
デートコースに検査を入れて、
終わった後にご飯を食べたりカフェでお茶をしながら、
検査をきっかけに色々と語り合ってみるのもいいかもしれませんね。


■レッドリボン

毎年この時期になると「レッドリボン」などという言葉を聞きます。
エイズ予防の趣旨に賛同する企業が自社のホームページに
「レッドリボン」のバナーを出していたりしますね。
レッドリボンの画像(wikipediaへのリンク)

あれには
「エイズ患者に対して偏見および差別を持たない」
「エイズ患者への理解と支援をする」
というような意味がこもっています。
この時期は街でレッドリボンをつけている人が多いですが、
あれも本来的にはこうした意味の意思を表示するマークなのです。

もともとはヨーロッパの古くからの風習で、
亡くなった人々への追悼の気持ちをあらわすものだったそうです。
エイズに関連したことに使われ出したのは、
1980年代の終わり頃のアメリカだそうで、
そのころはアメリカでエイズが社会問題となっていた時期だそうです。


4月1日は毎年嘘ついていい日と思って迎えますよね。
それと同じように、
12月1日はエイズについて話してみる日と思って迎えてみてください。
(サンスター「ネイルにレッドリボンを」キャンペーンの
カウントダウンUSTREAM放送の中で、
そんなステキな言葉が語られてました)

あなたの大切な人のため、
大切な人に大切にされている自分自身のため、
ほんの少しだけ知って、ほんの少しだけ考えてみませんか?


本当にざっくりした、入門的な内容です。
専門家の方にとっては
「端折りすぎじゃない?」
「簡単すぎる内容じゃない?」
と思われるようなところも多々ありますが、
前知識0の人に1知ってもらう入門編ですので、
その点をご理解下さい。
| ○知識モノ記事 | 11:39 | - | - | ↑TOP -
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
Link-RのWEB媒体
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode