<< 2009年7月29日 読売新聞 | main | 2009年7月30日 NHKゆうどきネットワーク >>
紅音ほたるさんのこと。


お久しぶりです。
10日ぶりの投稿。

ティーンズルームが始まってから、たいした仕事はしてないんですが、
毎日何だか時間が無くてブログの更新が滞ってました。
自分ののろまな処理能力を何とかしたいもんです。

さて、そのティーンズルームの活動において、
今回ご縁があって、元AV女優で現在は性に関する啓発活動をしている
紅音(あかね)ほたるさんに色々とご協力をいただいています。

紅音さんは、「AVこそ本物のエンターテインメントだ!」という
熱い想いのもとに450本のAVに出演しました。
現役時代の作品なども観たことがありますが、存在感も真剣さも凄くて、
大変印象に残る女優さんです。

その紅音さんがAVを引退して啓発活動を行っているのは、
数年前にあるエイズ関連のイベントにゲストで呼ばれた際、
「AVが性の教科書になっている」
という指摘を受けたからなのだそうです。

「AVはファンタジー。
だからAVと同じようなセックスをしようと思ってはダメ」
ということを伝えていきたかったといいます。

彼女は人気も知名度も抜群にありますし、話題性とも相まって
広告塔としてだけだって十分に仕事は取れるはずです。
けれど、今回ご協力をいただくときもそうでしたが、
広告塔だけでなく必ず実働を伴う形で活動させてほしいと
言ってきて下さるのです。
「広告塔としてだけでなく、積極的に活動したい。
何かの形でアクションを起こしていきたい」
という真剣な想いを感じました。

偉そうなことを言うつもりではないですが、
紅音さんは本当に真面目な方なんだなということを、
一緒にお仕事をさせていただいてひしひしと感じました。

AVに出ていたときも、啓発活動をしているときも、
自分に何ができるかを考えて、それを全力でやれる人なのだと
私は思っています。

私たちのような弱小NPOの活動に全力で協力していただいて
本当に感謝しています。ありがとうございます。

また、紅音さんのマネージャーさんも気遣い溢れる素晴らしい方です。
私たちにも色々と教えて下さいますし、勉強になります。
しょっちゅう私がいじられるのはいじめられてるのか気に入られてるのか
って感じですが(笑)。

今回こうしたステキなご縁を結んで下さったwAdsさんにも感謝です。
ティーンズルームは本日(29日)読売新聞にも取り上げていただき、
いよいよ人が来始めるかなと思います。頑張っていきましょう。

今週は16時過ぎから紅音さんが店舗前でビラ配りなどしてくれてます。
よろしければお立ち寄りくださいまし☆
| ○他団体の紹介 | 02:21 | - | - | ↑TOP -
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
Link-RのWEB媒体
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode