いい距離を保てるといいですね。
6月26日の午前中におこなった、
僕夏メンバーとの勉強会のなかで
扱い切れなかった質問に順に答えたいと思います。
(参加申し込み時の事前質問として出た分です)


今日の質問はこちら↓

他人と自分のプライベートの領域の大きさが違うように感じる。人間関係って難しいなと感じます。

事前質問の
「自分の親や友人との付き合いについて悩みがある?」
という設問への、具体的な内容を書いてもらう欄で出ました。


この質問は正確にどんなことを指しているのかはわからないですが、
たぶん、「プライベートの領域」というのは
「ひとりで過ごす時間」または「人に開示しない個人的な情報」のことで、
この悩みで言われているのは、
・自分は放っておいてほしいと感じているのに相手がぐいぐい来る
・こっちはぐいぐい行きたいけど相手はあまりオープンでない
のどちらかではないかと思います。

これは、難しいですよね。
ある人にとってはウェルカムなことであっても、
別の人にとっては苦痛を伴うようなことだったりするし、
苦痛だからと拒絶すると「ノリ悪ーい」となるし。

人間関係のことは本当によく相談に挙がってきます。
大学生くらいの時は人間関係のことは悩むものです。

人間関係はこちらとあちらの双方向で成り立つものなので、
自分がこうしたいという想いと
相手がこうしたいという想いの中で
色んなことが決まってきます。

まずは自分の想いを大事にする。
でもそれが相手も同じかどうかは考えないといけない。
イマイチ相手と疎通ができてないと感じた時は
角の立たない言い方で自分の考えを伝えてみる。
相手の想いも聴いてみる。
そんなことをしてみるといいかもです。

親しき仲にも礼儀ありという言葉もあるくらいなので
いい距離を保って付き合いができるようにするのがいいですね。

※詳細な内容が分からなかったため、
具体的な解決方法の提案まではできませんでした。ごめんなさい。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

まちの保健室チカシェスタ
7月6日、13日、20日、27日
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

思春期保健委員会
弊会が活動をサポートしている学生団体の活動です。見学者歓迎!
・ミーティング:7月21日、8月8日、9月21日
・顧問による勉強会:8月24日
・思春期の寺子屋:9月26日
・聖路加国際大学白楊祭 出展:11月12, 13日
★興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ☆お悩みに答えます | 20:49 | - | - | ↑TOP -
生きている意味なんてないから自分で意味を作る!
6月26日の午前中におこなった、
僕夏メンバーとの勉強会のなかで
扱い切れなかった質問に順に答えたいと思います。
(参加申し込み時の事前質問として出た分です)


今日の質問はこちら↓

他人との距離感、自分の存在意義

事前質問の
「自分の親や友人との付き合いについて悩みがある?」
という設問への、具体的な内容を書いてもらう欄で出ました。


上の緑字は原文のままです。
これだけの短いコメントでしたので
主訴の細部までは分からないのですが、たぶん、
「他人との距離感の取り方が分からない」
「自分の存在意義は何なのか」
という2つのお悩みなんだろうと思います。

順に考えてみましょ。


他人との距離感の取り方が分からない

先日お答えした、
本音が言えない」という質問にも通じるものがあります。

お互いに仲良くしたい、
自分は仲良くしたいけど相手はそう思ってない、
相手は仲良くしたいと思ってるけど自分はそう思ってない、
自分も相手もいい距離を保ちたいと思っている、
など、距離感は自分と相手のそれぞれの想いで決まる部分もあります。

相手のあることだからこそ、距離の取り方は難しいですが、
まず最初に、自分がどうしたいのかを大事にしていいと思います。
この人と仲良くなりたい、この人のことは苦手、など色々ありますね。

その上で、相手の生理に逆らわないというのは大事です。
相手があんまりぐいぐい来てほしくなさそうなときは行かないとか。
そういう意識を持ってみると、いい距離が分かってきます。
仲良くなるのはいい距離が分かってからがスタートです。

仲良くなりたければ、
相手が一緒にいて心地よいと感じる自分になってみること。
いつも元気いっぱいな人と一緒にいることが心地いい人、
物静かな人と一緒にいることが心地いい人、
色んな人がいます。
相手が求めている姿と、
自分も心地よくいられる姿が合致することを
相性がいいと言ったりします。

こんな解説はできるものの、
人間関係は数式やマニュアルではうまくいかないので
自分の感性や人間力、コミュ力を磨いてみることも
忘れないでほしいと思います。

コミュ力のカギは
・緊張しないこと
・話を最後までちゃんと聴くこと
・いい質問、いい相槌、いいコメントをすること
・自分の発言を分かりやすく伝えること
です。この話はまたいずれ。


つづいて、
自分の存在意義は何なのか
について。

これは言い換えれば「生きてる意味って何ですか?」
という問いだと思いますが、
申し訳ない。大変申し訳ないのだが、

人間に生きている意味なんてない。

最初からそんなものはないのです。
最初からないということは、逆に言えば、
考え方次第でどんな答えもあり得るということ。

だから、その意味は自分で作るんです。

自分は何をしたいのか、
何をして誰に喜んでほしいのか、
何をしたら満足なのか、
そういう色んなことを考えるんです。

それが見えてきて
「これだ!」ってものが自分の中でガチッとなったとき
すごくいい人生がスタートすると思います。
それまでは色々と寄り道して探していいと思います。

寄り道で探し物ができる時間はある程度限られています。
年齢が上がっていけば、
年齢が上がったというただそれだけの理由で
それなりの人間関係もそれなりの地位も
それなりの大人としての振る舞いも求められます。
嫌でもそういうものから逃げられなくなる瞬間が来るんですね。

それまでにぜひ、自分の「It's my life!」っていうものを
見つけてほしいところです。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

まちの保健室チカシェスタ
7月6日、13日、20日、27日
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

思春期保健委員会
弊会が活動をサポートしている学生団体の活動です。見学者歓迎!
・ミーティング:7月21日、8月8日、9月21日
・顧問による勉強会:8月24日
・思春期の寺子屋:9月26日
・聖路加国際大学白楊祭 出展:11月12, 13日
★興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ☆お悩みに答えます | 21:33 | - | - | ↑TOP -
親との喧嘩はどんどんしよう。
6月26日の午前中におこなった、
僕夏メンバーとの勉強会のなかで
扱い切れなかった質問に順に答えたいと思います。
(参加申し込み時の事前質問として出た分です)


今日の質問はこちら↓

親とすぐに喧嘩になる。

事前質問の
「自分の親や友人との付き合いについて悩みがある?」
という設問への、具体的な内容を書いてもらう欄で出ました。

他にも同様のお悩みとして、

●親とぶつかることが多くてよく喧嘩する。

というのもいただいてます。ありがとうございます。


大学生になると視野も行動範囲も人間関係も広がります。
バイトをして経済的な自由度が増す人もいるでしょう。
大学生の時期の自立への葛藤と相まって、
親とぶつかる人も当然いると思います。
わが子とぶつかることに困惑する親御さんもいるかもしれませんが、
私は(暴力的で加害性があるような当たり方でなければ)
むしろ健全なことだと思います。

どういう内容のことでどんなふうに喧嘩になるのかは
状況によって色々だと思いますが、
喧嘩をすること自体は悪いことではないし、
親を鬱陶しいと感じることだって、別に普通のことです。

大人は長く生きているので、
言っていることがほんの時々間違っていることがあるとしても
だいたいの場合、一理くらいはあることを言うものだし、
何だかんだ何かしらの対応ができるものです。
だから、どーんと胸を借りるつもりで喧嘩したらいいんですよ。
ピンとこないかもしれませんが、そういう葛藤を経験することを通じて、
信じられないくらい成長できるものです。

ただしそのときに
言葉の暴力みたいなことや実際に手を上げることは
やめた方がいいです。
何があっても加害は甘え、弱い者のやること、
と思っておく余裕を心のどこかに持ってください。


もう1つだけ付け加えておくと、
親の言っていることがいつも絶対に正しいとも限らないし、
子どもの言っていることがいつも間違っているとも限らない。
逆もまた然りです。
親や大人の言っていることがいつも正しいというのは
個人的な経験からしても、私は違うと思っています。

明らかに理不尽なことや自分に害が加わるようなことを
言われたりされたりすることがもしあるなら、
それは自分の身や将来を守るためにも
第三者に助けを求めていく時だと思いますし、
周りにそういう状況の人がいたら、
何らかの手助けに入ってあげてほしい
(主に、きちんと対応できる人と繋ぐとか)とも思います。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

まちの保健室チカシェスタ
7月6日、13日、20日、27日
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

思春期保健委員会
弊会が活動をサポートしている学生団体の活動です。見学者歓迎!
・ミーティング:7月21日、8月8日、9月21日
・顧問による勉強会:8月24日
・思春期の寺子屋:9月26日
・聖路加国際大学白楊祭 出展:11月12, 13日
★興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ☆お悩みに答えます | 10:11 | - | - | ↑TOP -
本音は言ってみれば意外と受け入れてもらえる。
6月26日の午前中に行った、
僕夏メンバーとの勉強会のなかで
扱い切れなかった質問に順に答えたいと思います。
(参加申し込み時の事前質問として出た分です)


今日の質問はこちら↓

本音を言えないこと。

事前質問の
「自分の親や友人との付き合いについて悩みがある?」
という設問への、具体的な内容を書いてもらう欄で出ました。

他にも似たお悩みとして、

●親しい仲になればなるほど、自分が素直になれない・頼れない時がある。
●友人といまいち深い関係になれない・会話が続かない
●本当の自分で話せる人が少ない
●少し考えすぎてしまうところがあり、相手がどう思っているのか分からず不安に思ってしまうこと。


といったものをいただいてます。
みなさんありがとうございます。

大学生時代の人間関係の悩みでこの内容は
実は非常にありえることだし、
実際、相談にもよく挙がってくるものです。

質問して下さった方の性別は分からないですが、
傾向としては、男性の方が、大人になっても、
似た悩みを抱え続けやすいようです。

さて、そもそもの話で悪いですが、
本音って言わないといけないものなんでしょうか?

全員に全力で付き合っていくのは自分でも大変だし、
相手も疲れてしまいます。
本音を言うほど深く分かり合ってはないけど緩くつながっている、
という人間関係だって、あってもいいのでは??
そんなふうに思うと、付き合い方にも良い意味で幅が出てきます。

その一方で、本音を言えないというお悩みそのものも
理解できます。どうしたらいいか考えてみましょう。

人に本音を言えないのは、
「こんなことを言ったら相手に嫌われるんじゃないか/
否定されるんじゃないか/バカにされるんじゃないか」
「相手が傷ついたら(その結果自分も嫌われたら)どうしよう」
色んな想いがあるからだと思います。

上のように文字にしてみると分かりますが、
ほとんどの場合結局最後に行きつくのは、
本音を言うことで人間関係が壊れたらどうしよう…
という気持ちの場合が多いですね。

人と深く仲良くなるのは、基本的には難しいことです。
自分と違う育ちをした違った性格や考えを持つ人なので
それと仲良くなるのは当然難しいものです。

それでももし仲良くなりたいなら、
自分のことを伝えて相手に理解してもらって
自分のことを好きになってもらうことと、
相手が言っていることを聴いて相手を理解して
相手のことを好きになることは、
必ず必要なことになります。
深く知り合って仲良くなるためには必須。


また、
もし、自分が相手に本音を言ってもらえない側だった場合、
どう思いますか?
自分は信頼されてないのかな?と思うでしょう。
逆に、相手が自分に本音を打ち明けてくれた場合、どう思いますか?
自分を信じて本当のことを言ってくれたんだなと思うでしょう。
向こうもきっと同じように感じてます。
本音を言ってみるというのは、こちらから見ると怖いことがありますが、
次につながる可能性も多く含んでいます。
思い切ってボールを投げてみるのも時には大事なことです。

コミュニケーションはキャッチボール。
ボールを投げる自由はこちらにあります。
受け取る/受け取らないの自由は相手にあります。
受け取ってもらえることを信じて、
受け取りやすい場所に受け取りやすい形で
(≒相手の関心や共感を引きやすい表現で)
ボールを投げてみたらいいと思います。
それで受け取ってくれなければ、
人間関係のうえでそれはどうしようもないこと。
相手を変えることは難しいです。

ボールを投げるタイミングや投げ方(≒言い方)、
そういったものを読んだ上で投げられるかどうか
内容自体よりもそこにかかっていると思います。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

まちの保健室チカシェスタ
6月29日
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
(※6/29は17:30閉店)

予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

思春期保健委員会
弊会が活動をサポートしている学生団体の活動です。見学者歓迎!
・ミーティング:7月21日、8月8日、9月21日
・顧問による勉強会:8月24日
・思春期の寺子屋:9月26日
・聖路加国際大学白楊祭 出展:11月12, 13日
★興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ☆お悩みに答えます | 10:23 | - | - | ↑TOP -
一歩踏み出して、聴く&言葉を返す。
6月26日の午前中に行った、
僕夏メンバーとの勉強会のなかで
扱い切れなかった質問に順に答えたいと思います。
(参加申し込み時の事前質問として出た分です)


今日の質問はこちら↓

奇数でいると孤独を感じる

事前質問の
「自分の親や友人との付き合いについて悩みがある?」
という設問への、具体的な内容を書いてもらう欄で出ました。


これって、例えば自分含めて3人組とか5人組でいる時に、
他の2人の話の輪に入れなくてぼっち感を感じちゃうとか、
2人で話すペアが2組あって自分がひとりぼっちになるとか、
そういう悩みですよね?

すげぇ、奇数でいるときだけなんだ。
私なんて、偶数でいても孤独を感じます。(キリッ

例えば自分含めて6人でいても、
3人で話し込む組と2人で話し込む組が出てきて
結局自分ひとりになる、みたいな(笑)。

けどそれって、良くないことなんでしょうかね??

行きがかり上そういう展開は何人でいてもあり得るし、
その場にいる人だって
こちらのことを嫌いでわざとハブってるわけではないはず。

それにそういう状況というのは、
話に加わる/加わらない両方の自由を持っていると解釈もできるし、
大人数でいて複数の組み合わせに分かれている場合、
どの組の話に加わるかの選択の自由があると見ることもできる。
悪いことばっかりとも言い切れないですね。

でも、取り残されている感じが嫌だという気持ちはよく分かります。

そんなときには、KTと思い出してほしいです。

KTってなんだ?小室哲哉じゃないですよ。「空気作れる」です。

孤独を感じるのは、その場の空気が自分に優しい感じに流れてないから。
それなら、自分がちゃんと存在感を主張できる空気を作ってしまえばいい。

ただそれは、自分と他のメンバーの関係性や
自分が普段彼らからどんなふうに見られているかなども
関係してくるので、実行するのが難しいときもあります。

そんなときにはまず、「あ、今ぼっちかも」と思った時に
他の人たちの話していることに耳を傾けて輪に加わる、
そしていいタイミングで自分の言葉を発してみる、
と心掛けてみては?

一緒にいるんですから、嫌われている可能性はかなり低い。
孤独を感じるのも作りだすのも自分の気持ち次第。
だからそれを一歩自分から踏み出してみると、
きっと状況は変わると思います。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

まちの保健室チカシェスタ
6月29日
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
(※6/29は17:30閉店)

予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

思春期保健委員会
弊会が活動をサポートしている学生団体の活動です。見学者歓迎!
・ミーティング:7月21日、8月8日、9月21日
・顧問による勉強会:8月24日
・思春期の寺子屋:9月26日
・聖路加国際大学白楊祭 出展:11月12, 13日
★興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ☆お悩みに答えます | 07:26 | - | - | ↑TOP -
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
Link-RのWEB媒体
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode