11月30日朝7時台 NHK総合「おはよう日本」にて
11月30日 7:00台 NHK総合「おはよう日本」 ご覧ください。

特集コーナーの中で、
講師を担当した自治体の両親学級の様子が少し紹介されます。

特集テーマは「イクメンブルー」で、
「イクメンブルーを予防するための講座に乗り出した自治体がある」
という事例紹介の中でご紹介いただける予定です。

今回は単独インタビューされてませんので
私が映るか映らないか不明ですが、
特集テーマそのものが意義深く興味深いものだと思います。

よろしければご覧ください。

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

まちの保健室チカシェスタ
7月13日、20日、27日
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。
| ★Link-Rからのお知らせ | 22:11 | - | - | ↑TOP -
思春期保健委員会のこれから。
今日は、思春期保健委員会のミーティングでした。
今後の活動予定についての話などしました。

ーーーーーーーーー
7月21日 ミーティング
     18:00〜、@東京ウィメンズプラザ

8月8日 ミーティング
8月24日 顧問による勉強会
     どちらも18:00〜、@東京ウィメンズプラザ

9月21日 ミーティング
9月26日 思春期の寺子屋
     どちらも18:00〜、@東京ウィメンズプラザ

10月24日 クローズドミーティング

11月12, 13日 聖路加国際大学 白楊祭
ーーーーーーーーー

7月の活動は
21日のミーティングのみです。

8月の活動は
8日のミーティングと
24日の勉強会(内容は決まり次第お知らせします)です。

9月の活動は
21日のミーティングと
26日の思春期の寺子屋です。
※思春期の寺子屋は
 「高校の保健の教科書を見直して若者向けの教科書を作ろう」
 というワークショップ

10月は会員限定のクローズドミーティングです。

11月は毎年恒例・聖路加国際大学の学園祭に出展します。

10月のクローズドミーティング以外は
どの活動も学生の人は参加できます。
興味がある場合は連絡お願いします。
思春期保健委員会メールフォーム

(記:やなぎー)

----------------------

今後の予定

まちの保健室チカシェスタ
6月22日、29日
水曜13:00〜19:00で放課後の居場所やってます。
(※6/29のみ17:30閉店)

予定や様子などはツイッター@CHICASIESTAでつぶやくので
チェックしてください。

思春期保健委員会
弊会が活動をサポートしている学生団体の活動です。見学者歓迎!
・ミーティング:7月21日、8月8日、9月21日
・顧問による勉強会:8月24日
・思春期の寺子屋:9月26日
・聖路加国際大学白楊祭 出展:11月12, 13日
★興味ある学生の人はツイッターでリプかDMください。⇒@LinkRorg
| ★Link-Rからのお知らせ | 23:09 | - | - | ↑TOP -
まちの保健室チカシェスタ サービスイン!
2015年5月13日から、
毎週水曜日13:00〜19:00で
まちの保健室の活動を始めます。

その名も「CHICASIESTA(チカシェスタ)」!



東京の調布駅(京王線。新宿から20分)から徒歩5分のビルの地下1階。

まったり午後の時間を過ごせます。



宿題してもいいし、
お菓子を食べてもいいし、
何気なくおしゃべりに来てもいいです。

勇気が出たら性の相談とかしてもOK!

相談を聴くときはスクリーンが降りるよ!




★行き方その他詳しい情報は公式サイトに載ってます。
チカシェスタ詳細情報

気軽に来てね〜。
| ★Link-Rからのお知らせ | 14:02 | - | - | ↑TOP -
セクシュアル・ヘルスの推進 行動のための提言(増補版)
JASE(日本性教育協会)様から、ご献本をいただきました。




遂に出ました。
世界性の健康学会(WAS, World Association for Sexual Health)の
改訂版「性の権利宣言」などを収録した新版です。

性の健康と権利に関する活動をする人にとっては
必読・必携の一冊です!

なんと今回、諸先生方に混じって47ページにちゃっかり
うちの代表の名前が載ってます(笑)。




代表曰く、
「昨年10月のオーストラリアの学会の時に、
とりあえずこれ読んでみてくれと言って
英語と日本語のデータが渡された。
読み比べして意見を言っただけなのに
気づいたら掲載されていた」
そうです(笑)。

みなさまに支えていただいてます。
ありがとうございます!

ちなみに、
監修者として記名のある「松本清一」先生は
国際的にも著名な女性保健のパイオニア。
日本家族計画協会のかつての会長でもあり、
うちの代表も学生の頃にかわいがっていただいたそうです。

何しろ、性の健康と権利に関する活動をする人にとっては
必読・必携の一冊です。ぜひご一読下さい。
JASE様のサイトから注文できるようです。
| ★Link-Rからのお知らせ | 18:52 | - | - | ↑TOP -
年末年始のお知らせ
2014年も若者世代にリプロヘルスサービスを届ける会(Link-R)を
応援して下さりありがとうございました。

2014年12月29日(月)〜2015年1月5日(月)まで、
年末年始のお休みをいただきます。

新年は1月6日より通常モードでスタートいたします。

みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。
| ★Link-Rからのお知らせ | 18:06 | - | - | ↑TOP -
【お知らせ】講演会を開催します。
「賛成!」「反対!」の前に聴いておきたいHPVワクチン
(子宮頸がんの予防ワクチン)&出生前診断 講演会+ワークショップ

というタイトルで講演会を開催します。

【今回の内容】
「HPVワクチン(子宮頸がんの予防ワクチン)」と「出生前診断」に
ついての一般の方向けの講演会です。

産婦人科のドクターから最新の医療事情をお話してもらいます。
結論ではなく医学的な事実や現場で起こっていることなどをお話いただき、
考える材料を提示していただく予定です。
講演後にはワークショップ形式で参加者ひとりひとりが自分の意見を
考えてみる(まとめてみる)ための時間を用意しています。

【この会に参加してあなたが得られること】
・子宮頸がんのワクチンと出生前診断に関する最新事情を理解できます。
・同様の関心のある方たちと考えをシェアして自分の考えを深められます。

【今回はこんな人にオススメ】
・子宮頸がんのワクチンや出生前診断のことが気になっている人
・子宮頸がんのワクチンや出生前診断のことを専門家から聞いてみたい人

【講師】
★宗田聡(そうだ さとし)
産婦人科医、医学博士。筑波大学講師、タフツ大(米ボストン)
遺伝医学特別研究員,茨城県周産期センター長を経て,
都内に女性のこころと身体の健康を総合的にサポートする
都市型かかりつけ医である広尾レディースを開院。
日本周産期メンタルヘルス研究会理事。
著書には、「産後ママの心と体をケアする本」
「産後うつ病ガイドブック」「ニューイングランド周産期
マニュアル第二版」など。
最新著書「31歳からの子宮の教科書」(ディスカヴァー・
トゥエンティワン)は20~40代の女性のバイブルとして好評。

★田中絢也(たなか じゅんや)
※ワークショップ部分を担当します。
横浜生まれ札幌育ち。アメリカで大学を卒業後、日本に帰国し開発、
環境問題、リプロヘルス分野でイベントや国際会議、研修の企画進行を
行う等、ワークショップデザインとファシリテーションの仕事に携わる。
2011年青山学院大学大学院に入学し、研究を行う。
3.11後は震災の復興支援やコミュニティづくりに携わり、
現在は東京都杉並区在住。People AND Actionという屋号で
ワークショッププロデューサーとして活動中。

【日時】
2013年7月28日 13:00〜17:30

【会場】
都営新宿線瑞江駅から徒歩
※下記の手順にてお申込みいただいた方に詳細をお送りいたします。

【プログラム】
12:40 開場
13:00 開会
13:05 講演会
14:35 休憩
14:45 質疑応答
15:00 分科会
16:15 アウトプット・タイム
16:45 振り返り
17:15 主催者紹介
17:30 終了・会場撤収
18:00 会場完全退去
※分科会やアウトプット・タイムの時間配分は
当日の盛り上がり次第で多少前後することがあります。

【参加費】
3500円(学割あり。500円引き)
参加費は事前振込み制とさせていただきます。
なお、お客様都合で当日欠席された場合、
お振込みいただいた参加費は返金致しません。

【定員】
36名
※申し込みが定員に達した場合、キャンセル待ちとさせていただきます。

【申し込み方法】
手順1)下記の申し込みフォームよりお申込み下さい。
手順2)申し込み受付のメールを事務局よりお送りします。
手順3)受付メールに記載されている銀行口座に参加費をお振込み下さい。
手順4)振込確認後、受講票をメールでお送りします。当日ご持参ください。

お申込みフォーム

※申し込み締め切り:2013年7月24日20:00

【共同主催】
若者世代にリプロヘルスサービスを届ける会(Link-R)
JASH日本性の健康協会
People AND Action
| ★Link-Rからのお知らせ | 08:42 | - | - | ↑TOP -
リプロダクティブ・ヘルスと妊娠に関する女性の意識調査協力のお願い
お世話になっている聖路加看護大学の森明子先生が
調査にご協力いただける方を探していらっしゃいます。

下記の条件にあてはまる方、よろしければご協力いただけませんか?

■ 調査の目的
女性のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖の健康)および
その意識・態度、妊娠の計画、妊娠に関する気がかり、
気がかりへの対処、妊娠への支援ニーズ、個人的背景要因について、
実態を把握し、これらの関連をみることを目的とします。

■ 調査にご協力いただきたい方
以下すべての条件にあてはまる方になります
・ご年齢18才以上45才未満
・現在お子様のいらっしゃらない方
・現在ご妊娠されていない方

■下記のURLから回答をお願いします。
リプロダクティブ・ヘルスと妊娠に関する女性の意識調査協力のお願い
https://www.medical-dm.info/mori/
調査に関するさらに詳しい説明も書かれています。
ページ最下部の「アンケートを始める」をクリックし、
下記のユーザーネームとパスワードを入力し、
アンケートにお答えください。

★回答の際、次のユーザーネームとパスワードを使って下さい。
username: repro
password: 20Ie4kV5

よろしくお願いいたします。
| ★Link-Rからのお知らせ | 23:42 | - | - | ↑TOP -
12月12日講演会中止のお知らせ。
いつもLink-Rの活動にご理解・ご支援をありがとうございます。

先般参加者募集をさせていただきました、
弁護士講演会「痴漢冤罪に巻き込まれないために」ですが、
お申込みをいただいた方が極端に少なく、
開催が困難と判断したため、
開催を延期させていただくこととなりました。


応援して下さっていたみなさま、
大変申し訳ありません。


今回、この企画をし、広報を行う中で次のことを感じました。

1、この問題には男性より女性の方が関心が高いこと
2、まだまだ自分の身近な問題として認識しづらいこと
3、痴漢冤罪に関する情報が行き届いていないこと

広報を進める中で、関心を寄せて下さった方や
お問い合わせをいただいた方は、女性が多かったです。
ご自身のパートナー、同僚など身近な人が巻き込まれたら…ということを
心配されている方がとても多いということを実感しました。

男性も女性も、冤罪については「もしかして…」という思いはあるものの、
自分や自分のパートナーが巻き込まれるということはないだろうという
意見もありました。

電車などで痴漢として名指しされた場合、
男性はほぼ無実を認定されないことの方が多いです。
拘留等をされた場合、
(やっていなかったとしても)やったと言わなければ
社会に出てくることができないケースもあります。

両手を挙げて電車に乗っていたとしても、その状態で
「股間をこすりつけられた!」と言われたらアウトです。

他にも、男性にとって大変厳しい事例を聴いています。

痴漢冤罪の陰には、多くの女性が本当に痴漢の被害に遭っているという
事実がまずあるわけでして、その事実を見逃すわけにはいきません。
その一方で、男性もまた痴漢冤罪によって突然人生が変わってしまう
ということが起こっています。

今回は開催を延期することになりましたが、
今後もこのテーマについては取り扱いたいと思います。
また、来年には「男性支援」の事業を今年以上に充実させていきたいと
考えています。

このたびは、延期となりまして大変申し訳ありませんでした。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
| ★Link-Rからのお知らせ | 18:28 | - | - | ↑TOP -
(参加者募集中)弁護士講演会「痴漢冤罪に巻き込まれないために」
(この講演会は、Link-Rの「男性支援事業」のスピンオフ企画です)

「本当に生きづらいのは男の人なんじゃないんですか?」というある女性医師の一言から、弊会の「男性支援事業」はスタートしました。

女性限定や女性ターゲットの恋愛相談・心や身体の悩み相談のサービスは多くありますが、男性限定や男性ターゲット、男性が使いやすいモノは少ないように思います。男性にも相談する場所があってもいい。そんな想いで男性向けの事業を始めました。

日本では女性が不利な立場に立たされる場面が多いのは事実です。多数の女性が実際に痴漢被害に遭っている事実は見逃せません。ただ、だからといって、やっていないものをやったことにされていいわけではありません。

この講演会では、最初に「女性の痴漢被害の実際」をお話し、その後にメインである痴漢冤罪についてのお話をします。

自分の生れついた性別が生きにくさの原因になる社会ではなく、自分は自分に生まれてよかったと誰でもが思える社会を作りたい。その一助となるような時間にできればと思います。


【概要】
痴漢冤罪の防止を目的とした講演会です。
・現場で捕まえられた後、どのように扱われるのか(法律の話)
・どのようなことに気を付けて電車に乗っていると良いか(過去の事例等から、痴漢と疑われやすい行動など)
・いくつかの冤罪の事例紹介
※内容は、予告なく変更になる場合があります。


【参加することで得られること】
・現役の弁護士から、痴漢冤罪事件の実際について聴けます。
・痴漢冤罪に巻き込まれないために気をつけることについて気づきがあると思います。
※本講演は、痴漢冤罪に絶対に巻き込まれない方法をお教えするものではありません。


【こんな人にオススメ】
・毎日の電車通勤で痴漢に間違われないか心配な人
・自分の身内などに、痴漢冤罪について知らせたい人
※男性も女性も参加していただけます。


【講師】
吉岡 裕貴 先生(弁護士)
1979年生まれ。2003年、東京大学法学部卒業。2004年、司法試験合格。2007年から、みらい総合法律事務所所属。現在は、民事事件全般を担当している。


【プログラム】
19:30 開会あいさつ・趣旨説明・女性の痴漢被害の実際(主催者より)
19:45 吉岡先生ご講演
20:45 質疑応答
21:00 終了


【日時】
2012年12月12日(水)19:30〜21:00


【会場】
Playground office Q ( http://poq-shibuya.com/ )
JR渋谷駅 南改札から徒歩2分
(東京都渋谷区桜丘町2−6 フルキャストビル6F)
Google Map→http://goo.gl/maps/67V03


【参加費】
3,000円(事前振込み制)


【定員】
20名
※募集定員に達した場合は、キャンセル待ち扱いとさせていただきます。


【申し込み方法】
フォームからのお申込み。事前振込み制。

◆流れ1.フォーム(下記)を使用して申し込みをする。

◆流れ2.弊会より返信メールを差し上げます。
→このメールに、参加費の振込先口座を記載します。キャンセル待ちをお願いする場合はその旨のメールをお送りします。
※メールは手動にて返信を行っています。返信メールが届くまで24時間程度お待ちください。

◆流れ3.弊会指定の振込先に参加費を、メール受信から3営業日以内に、お支払いください。(振込先は、上記のメールにてお知らせします)お支払いが遅れる場合はその旨をご連絡下さい。
※ご連絡なく3営業日以内のお振込みを確認できない場合はキャンセル扱いとなり、キャンセル待ちをされている方を繰り上げ受付とさせていただきます。

◆流れ4.お振込み確認後、弊会より「参加決定通知」をお送りします。
→この通知を受け取ったら、申し込み手続きは完了です。

お申込み締め切りは【12月10日(月)18:00】とさせていただきます。

★参加申し込みフォーム:
http://link-r.org/event20121212.html


【主催】
若者世代にリプロヘルスサービスを届ける会(Link-R)
http://www.link-r.org/

2012年度より、「男性支援」の事業を始めました( http://blog.link-r.org/?eid=1121246 )。2013年度より本格的に事業を拡大予定です。
| ★Link-Rからのお知らせ | 21:26 | - | - | ↑TOP -
あのティーンズルームが帰ってくる!!
2009年に渋谷に登場した「街の保健室 ティーンズルーム」の
1日復活イベントを、横浜でやっちゃいます!

詳しくはこちら。
http://www.teens-support.org/event20120930.pdf
(PDFです。ガラケーからは見られないです。ごめんなさい…)

【こんな人にオススメ】
・高校生〜20代の人
・恋愛や性のことで、分かる人にこっそり聞きたいことがある人


カップルで来てもOK!

【日時】
2012年9月30日(日)14時〜18時

【こんなことをします】
開催時間中は、オープンスペースを無料で開放します。スタッフ(看護師などの資格を持っている人など)に、普段聞きたいけどなかなか聞けないようなデリケートな質問もできちゃいます。

希望者は割引でクラミジアや子宮頸がんの検査、
妊娠反応の検査も受けられます(合計20件限定)。


☆子宮頸がん…1,000円
☆クラミジア…1,500円
☆妊娠反応…無料(件数制限無し)

※子宮頸がんとクラミジアの検査は合計20名限定での実施です。また、割引価格は「ティーン価格」と呼んでいて、「10代の人&20代以上で院生を含む学生の人」向けの価格としていますので、この条件に合う人の受検を優先します。

【会場】
横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック 〜ビバリータ〜
(横浜市神奈川区大野町1-25ヨコハマポートサイドプレイス3階)

※主催するNPOティーンズサポートの理事長が院長を務める
産婦人科クリニックを会場として開放します。


開放感のあるクリニックです。

【参加費】
無料
※クラミジアと子宮頸がんの検査を受ける際は
検査の費用がかかります(詳しくは上記)。

事前申し込み不要。当日遊びに来てください。

【主催&問い合わせ先】
NPO法人ティーンズサポート

◆問い合わせ先(メールのみ受け付けています)
info☆teens-support.org (※「☆」を「@」に変えて下さい)
※ケータイからメールを送る際は、[ @teens-support.org ]からのメールを受信できるようにしておいてください。
※メールでの相談は受け付けていません。
| ★Link-Rからのお知らせ | 18:30 | - | - | ↑TOP -
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
Link-RのWEB媒体
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode